お向かいのスラッシャー

 


1995年だったかに、お向かいの外国人向けの借家に、アメリカから引っ越してきたときには、すでに老猫で「二度とアメリカの土は踏めないのではないか」と、飼い主夫妻共々心配していたのですが、2001年夏無事に帰国することができました。

残念ながら、帰国後約1年経った2002年8月26日他界してしまいました。

以下は、その報告のメール。

Subject: Sad news about Slasher

Our old, dear, sweet friend Slasher died today, 08/26/02 at 14:00.
She was 18+ years old.
She died in ******'s and my arms at the veterinarian's office.
She is buried in the herb garden at our house in Oregon now. She liked
the garden very much.

She made it home.

We miss you all very much.
*&*

でも、のら猫の収容所(アメリカでは、ここもghettoっていうみたいです)からピックアップされ、それから18年間も寵愛され、異国の日本にも来れた(ずいぶん近所を探検してました)うえ、最後は、飼い主夫妻に見取られて一番お気に入りの場所で永眠できたのですから、すいぶん「幸せだったネコ」といえるでしょう。